「契約社員で働いているけど,突然,契約を更新されないと言われた。これまで他の正社員と同じように働いていたのに,こういう会社側の身勝手は許されるの?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
「契約社員で働いているけど,突然,契約を更新されないと言われた。これまで他の正社員と同じように働いていたのに,こういう会社側の身勝手は許されるの?」

会社に採用されるときに,最初から契約期間を定めて労働契約を結んだのですから,契約期間が満了すれば退職するのは,法律上,当然です。この点は,期間の定めのない労働契約(正社員)の場合との大きな違いです。ただし,裁判では,契約社員との契約更新を拒否して退職させること(これを「雇止め」といいます。)が認められなかった事例も少なくありません。
たとえば,労働契約が長期間にわたって繰り返し更新され,実質的に正社員と同じ状態で働き続けている場合とか,そこまでいかなくても,既に何回か契約の更新をしていたり,あるいは,契約を更新することを会社側が約束していたという事情があって,契約の更新を期待することに合理的理由が認められるといった場合には,正社員を解雇する場合と同じくらい(まったく同じというわけにはいきませんが)の理由がないと,雇止めは認められません。このようなルールは,判例として,昔から裁判所では認められていたのですが,平成25年4月から施行された改正労働契約法で,法律でも,きちんと定められるようになりました。

今回のケースでは,契約の更新の頻度や方法はわかりませんが,正社員(無期雇用)の方と同様に働かれていたとのことですので,勤続年数が長期間にわたっており,労働条件も正社員と同じで,実質的に正社員と異ならない状態で働いていたという場合であれば,契約の更新を求めることができると思います。また,更新回数が少なかったとしても,これまでの更新手続が形式的なものだったり,他の契約社員で雇止めになった方がほとんどいないとか,会社側から契約を更新する予定だと説明を受けていたなどの事情があった場合にも,従前通り,勤務を続けられる可能性が高いと考えられます。

1年更新で長年働いていますが,無期雇用に転換してもらえたりしませんか。

通算で契約期間が5年を超える(5年と1日以上)ことになった場合は,契約社員からの申込みによって,会社側が承諾しなくても,無期雇用に切り替えられることになりました。ただし,前の契約期間の最終日と,その次の契約期間の初日との間に6か月以上の空白期間があったときは,前の契約期間は通算できません。また,改正労働契約法施行日以前(平成25年4月1日以前)に契約期間が開始していた場合は,施行日以降の残りの契約期間も通算できませんので,ご注意ください。

いわゆる雇止めの問題は生活の破綻と直結していますので,法律の専門家でないと判断のつけにくい問題ですから,突然申し渡されて途方に暮れているという方は,一度,弁護士にご相談してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。