酒気帯び運転と酒酔い運転ってどう違うの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
%e9%85%92%e6%b0%97%e5%b8%af%e3%81%b3%e9%81%8b%e8%bb%a2%e3%81%a8

酒気帯び運転とは、身体に政令で定める程度以上にアルコールを保有する状態で、車両等を運転することです。具体的には、呼気1リットルあたり、0.15ミリグラム以上、または、血液1ミリリットルにつき0.3ミリグラム以上のアルコールを含んだ状態で運転した場合がこれにあたります。
一方、酒酔い運転とは、酒に酔った状態で、車両等を運転することです。「酒に酔った状態」とは、アルコールの影響により正常な運転が出来ないおそれがある状態のことをいいます。運転者の言動や、まっすぐに歩けるかどうか、ちゃんと物が見えているかなどから総合的に判断します。体質的にお酒に強い・弱いがありますので、こういった基準となっています。
酒気帯び運転の罰則は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金、行政処分は、アルコール濃度によって異なり、呼気1リットルあたり0.25ミリグラム未満の場合は90日の免停、0.25ミリグラム以上だと免許取消(欠格期間2年)です。これに対し、酒酔い運転の罰則は、5年以下の懲役または100万円以下の罰金、行政処分は、免許取消(欠格期間3年)とより重くなっています。

同乗者も罪になりますか。

運転者が酒気帯びであることを知っているにもかかわらず、自分を乗せてくれと依頼して同乗した場合は、処罰の対象になってしまいます。運転者と一緒にお酒を飲んだ後に同乗させてもらった場合などは、運転者が酒気帯びであることを知っていたと判断されるでしょう。
もし、処罰の対象となった場合は、運転者が酒気帯び運転のとき、同乗者には2年以下の懲役または30万円以下の罰金が、運転者が酒酔い運転のときは、同乗者に3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されます。車を運転する予定がある人にお酒をすすめたり、お酒を提供した人も、飲酒運転の車に同乗した人と同様に処罰されます。
また、飲酒運転するおそれのある人に車両を提供した場合も処罰の対象になり、その運転者が実際に酒気帯び運転した場合は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金、酒酔い運転の場合は、5年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。

翌朝、お酒が残っていると思っていなかった場合でも罪に問われますか。

酒気帯び運転は故意でなければ罪に問われません。故意というのは、自分が酒気を帯びていることを知っているか、酒気を帯びているかどうかよく分からないけど、酒気帯びだとしても構わないと思っていることです。したがって、運転者が、自分は酒気帯びではないと思って運転していた場合には、実際には酒気帯びだったとしても、故意がないことになりますから、酒気帯び運転の罪は成立しません。なお、故意がなくても成立する犯罪(過失犯)もあります。たとえば、過失運転致死傷罪は、過失犯ですから、故意がなくても罪に問われます。
昨年、沖縄地裁で酒気帯び運転の罪で起訴された男性に対し、飲酒から12時間近く経っており、途中6時間の睡眠をとっていることから、故意が否定され、無罪判決が出たと言うものがありました。
この事例からも分かるように、本人が「お酒が残っているとは知らなかった」と言うだけで、故意が否定されるわけではありません。飲酒から長時間経過し、睡眠も十分とっているといった客観的な事実が裏付けられた場合に、故意が否定されることがあり得るということです。少しでもお酒が残っている可能性があれば、運転は控えるべきでしょう。

飲酒運転で事故を起こして、現場から逃走した場合は?

かつては、飲酒運転で事故を起こした後、ひき逃げの罪を犯してでも、現場から逃げてアルコールが抜けるのを待ち、事故当時どれくらい酔っていたかわからなくすることで、酒酔い運転や危険運転致死傷罪の証拠をなくすという、いわゆる「逃げ得」が問題視されていました。実際には、ひき逃げの罪はかなり重罪なので、過失運転致死傷罪とひき逃げの罪の合計で15年以下の懲役になってしまいますから、危険運転致死傷罪(被害者が亡くなった場合は20年以下、けがの場合は15年以下の懲役)とあまり変わらず、「逃げ得」とはいえないのですが、「逃げ得」と感じる人が多かったようです。
現在では、「過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪」が設けられており、飲酒運転をして人身事故を起こした後で、どのくらい酔っていたかが警察に分からないようにするために、さらに酒を飲んだり、あるいは、事故現場から逃げたりしたときは、この罪に問われることになります。上記のようなケースでこの罪に当てはまると、危険運転致死傷罪が成立しなかったとしても、過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪とひき逃げの罪の合計で18年以下の懲役刑に処されることになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。