重婚罪って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
重婚罪って何?


先日、ある男性が既婚者であることを隠して女性と数年間交際し、結婚披露宴を予定していたところ、披露宴当日に既婚であることが判明し、結婚も破談になったという事件がありました。しかし、既婚であることがばれなかったら、この男性は、複数の女性と同時に結婚することができたのでしょうか。

Q:重婚とは?

民法732条では、「配偶者のある者は、重ねて婚姻をすることができない。」と定められています。また、刑法184条にも、「配偶者のあるものが重ねて婚姻をしたときは、2年以下の懲役に処する。その相手方となって婚姻をしたものも、同様とする。」と規定されています。

要するに、日本では、一夫一妻制が法律で定められており、一夫多妻制とか、その逆は認められていません。したがって、二重に婚姻(重婚)しようとしても、婚姻届は受け付けてもらえません。文書を偽造して、配偶者が死んだとか、離婚したとか嘘をついて、不正に婚姻届を受理させたら、それは犯罪です。

なお、重婚は違法ですから、後にしてしまったほうの結婚は取消しされるのですが、取り消されるまでは、一応有効ということになっています。当事者が取り消さないときは、検察官が取消し請求することになるのかなと思われます。

Q:重婚罪の適用対象は?

 重婚になることを知っていれば、重婚した人も、重婚の相手になった人も処罰の対象です。ただし、重婚罪の対象となるのは、「法律婚」、いわゆる、婚姻届を出す婚姻に限られますから、婚姻届を出さなければ犯罪にはなりません。本妻とは別に、愛人とも別に家庭を持っていて、事実上、重婚状態にある人もたまに見受けられますが、倫理的にはともかく、そういう場合は犯罪ではありません。冒頭の事例についても、正式な婚姻届が受理されたわけではないでしょうから、刑法の重婚罪には当たらないでしょう。

Q:どんな場合に重婚になるの?

 前婚・後婚が共に法律婚であること(区役所や市役所等に婚姻届が提出されること)が重婚の条件ですから、重婚してしまうことは通常では生じにくいですが、重婚の事態そのものは、離婚届、死亡届等を偽造する場合のほか、前婚についての離婚が後に無効とされ、あるいは取り消された場合や、前婚の配偶者についての失踪宣告が後に取り消された場合、認定死亡(戸籍法89条)の前配偶者が生還した場合などに生じることが考えられます。

また、前婚または後婚が外国での婚姻で我が国の方式によらない場合(法の適用に関する通則法24条2項,3項)等にも生じることがあり、これらの場合において、行為者が前婚が有効に存続していることを知りながら後婚を行ったときは、本罪が成立すると解すべきであろうといわれています。

海外では、一夫多妻制の国もあります。自国で複数の妻を持つのは勝手ですが、日本では日本の法律を守ってもらわなければいけません。自分の国で認められているからといって、日本国内で正式に婚姻届を出して、複数の妻を持つことは許されないということになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。