どこまでが労働時間?飲み会、社内サークル、着替え時間は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
YOTAKAPAKU6714_TP_V

例えば、未払の残業代(割増賃金)を請求する前提として、実際の労働時間を把握する必要がありますが、以下で挙げるように、本来的な労務の提供をしたとは言えないような行為に要した時間が労働時間に当たるかがしばしば問題となります。

判例によれば、労働基準法上の労働時間とは、「労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間」のことを指すとされています(最判平12.3.9)。

より具体的には、

①使用者の関与(使用者から義務づけられ、余儀なくされたかどうか)
②業務性・職務性(業務の準備行為かどうか、労働契約上の役務の提供かどうか等)

といった要素が判断材料となります。
なお、この労働時間は、労働契約や就業規則の定めの如何に関わらず、客観的に定まるものとされています。

会社の飲み会やQCサークル活動も労働時間にあたりますか?

飲み会が強制の場合は、業務の延長と考えられ、労働時間にあたる可能性があります。わかりやすく会社のイベント等で出席が義務付けられている場合に限らず、その飲み会に参加しないことで、人事評価や今後の仕事に何らかの不利益な影響が出るという場合も、業務の延長と評価されれば、労働時間にあたる可能性があります。

QCサークル活動についても、出席の強制がなく、自由参加であれば労働時間にはあたりませんが、使用者の明示又は黙示の指示に基づくものであって、不参加が直接的または間接的に不利益を被るものであるため、参加が事実上強制されているようであれば、労働時間にあたるもの可能性があります。

着替えや後片付けの時間も労働時間?

会社の指揮監督下にあって、労働提供のために拘束されているのであれば、労働時間にあたります。
たとえば、工場勤務などで、所定の作業着に所定の場所で着がえるように義務付けられているのであれば、労働時間にあたることになりますが(最判平12.3.9参照)、そうではなく、単なる就業準備の着替え(通勤時から勤務着への着替えなど)であれば、労働時間にはあたりません。

就業終了後の後片付けについても、会社が義務付けている行為であれば労働時間にあたりますが、労働者の自由意思で自発的に後片付けを行っているようであれば、労働時間にはあたりません。

なお、労働時間として認められるのは、社会通念上必要とされる時間であり、5分程度で出来る着替えや後片付けについて、15分かかったと主張しても、認められるのは5分程度となります。

自己啓発本を読むのは労働時間?

社員が自主的に自己啓発本を読んでいるような場合は、労働時間にあたりませんが、会社による明示又は黙示の指示があった場合には、会社の指揮命令下にあるとして、労働時間にあたる可能性があります。

技術士試験の受験勉強について、直接的な試験勉強の指示はなかったものの、会社が本試験の添削や模擬試験にも深く関わっており、労働者が行った受験勉強は、業務命令によるものであったとして、労働時間にあたるとした裁判例もあります。(大阪地判平21.4.20)

休憩時間中の電話当番や来客対応は、違法?

まず、法律では、使用者は、労働時間が6時間を超え8時間以下の場合は、少なくとも45分、8時間を超える場合は、少なくとも1時間の休憩を、労働時間の途中に与えなければなりません。
また、休憩時間とは、労働者が、労働から解放されて自由に利用出来る時間のことをいいます。

そのため、休憩時間中に電話対応や来客対応のために、「待機」させていた場合(いわゆる「手待ち時間」)は、その時間中は、使用者の指示があれば直ちに作業に従事しなければならない状態にあり、労働者が権利として労働から離れることを保障されているとは言えないため、実際に対応させた時間だけでなく、その待機時間すべてが労働時間にあたりますので、別途休憩を与える必要があります。

ただし、たまたま居合わせた社員が自らの意思で来客対応をし、その時間がわずかであるような場合は、労働時間にはあたらないとも考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。