誰が、どの程度の相続財産を受け継ぐのかは、どう決まっているの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
aomidoriIMGL1319_TP_V

相続人が誰で、その人の相続分(遺産を相続する割合)がいくらか、というのは、法律によって定められています。法律で決められた相続人のことを「法定相続人」、法律で決められた相続分を「法定相続分」といいます。

具体的な法定相続人としては、死亡した人(「被相続人」といいます。)の「子」「直系尊属」「兄弟姉妹」および「配偶者」です。これら以外の人は、親族であっても法定相続人とはなりません。また、これらに該当すれば必ず相続できるというわけではなく、相続できる順位が決められています。

直系尊属って何?

尊属とは、先祖に当たる立場の人のことです。直系尊属とは、この尊属のうちで直系の人のことを指します。たとえば、父母・祖父母・曽祖父母などがこれにあたります。叔父叔母などは含まれません。また、配偶者の父母等も含まれません。

相続できる順番は?

第1順位は「子」、第2順位は「直系尊属」、第3順位が「兄弟姉妹」です。したがって、子がいる場合には、直系尊属や兄弟姉妹は相続人となりませんし、子がいない場合であっても直系尊属がいる場合には、兄弟姉妹は相続人とはなれません。

具体的には、
子がいる場合には、子が法定相続人
子がいないが、直系尊属がいる場合には、 直系尊属が法定相続人
子も直系尊属もいない場合 には、兄弟姉妹が法定相続人となります。
同順位の者が複数人いる場合には、その複数人に対して平等の割合、つまりは頭割りで相続分が決められることになります。ですので、例えば、配偶者がおらず、子が3人いる場合には、子の法定相続分は、それぞれ3分の1になります。

配偶者が第1順位じゃないの?

配偶者は、子・直系尊属・配偶者とは別の扱いがとられています。すなわち、配偶者には順位がありません。子がいようと、直系尊属がいようと、兄弟姉妹がいようと、必ず法定相続人となるということです。

取り分はどう決まっているの?

場合分けをしてご説明します。後述の図表も参照ください。

①子がいる場合
子がいる場合には、その子が法定相続人となります。直系尊属がいようと兄弟姉妹がいようと、法定相続人となるのは子のみです。子がいる限り、直系尊属や兄弟姉妹は法定相続人にはなれません。ただし、配偶者がいる場合には、配偶者と子が法定相続人となります。配偶者と子の相続分の割合は、2分の1ずつとなります。

②子がいない場合
子はいないものの、直系尊属がいるという場合には、その直系尊属が法定相続人となります。この場合、兄弟姉妹がいたとしても、法定相続人となるのは直系尊属のみです。ただし、配偶者がいる場合には、配偶者と直系尊属が法定相続人となります。配偶者と直系尊属の相続分の割合は、配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1となります。直系尊属といっても、被相続人の父母や祖父母など、親等の異なる直系尊属の方が存命の場合もあります。この場合どのように扱うのかというと、これにも順位が決められており、親等の近い順に優先されることになっています。たとえば、父母と祖父母では、父母の方が親等が近いので優先され、父母のみが法定相続人となります。また、この場合の父と母は同順位となります。

③子も直系尊属もいないが兄弟姉妹がいる場合
子も直系尊属もいないが兄弟姉妹いるという場合には、その兄弟姉妹が法定相続人となります。ただし、配偶者がいる場合には、配偶者と兄弟姉妹が法定相続人となります。配偶者と兄弟姉妹の相続分の割合は、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1となります。

相続するべき人が先に死んでいた場合はどうなるの?

民法には代襲相続という制度があります。被相続人が亡くなり、相続が発生するよりも前に相続人が死亡している場合などには、その相続人の子が代わりに相続人となります。代わりに相続人となる者を代襲相続人と言います。相続人の子も相続開始よりも先に亡くなっているようなときは孫が、孫も亡くなっていればひ孫が・・・という様に、どこまでも下の代まで代襲して相続をするという「再代襲相続」という制度もあります。再代襲は、相続発生前に「子」が死亡している場合に生じます。しかし、子の代襲の場合とは異なり、甥や姪が被相続人より先に亡くなっている場合には、その甥や姪の子は相続人になりません。つまり、兄弟姉妹が被相続人よりも先に亡くなっている場合の代襲相続は、甥や姪1代限りとなります。

なお、直系尊属の場合は代襲が生じません。つまり、被相続人が亡くなる前にその父母が死亡していたとしても、父母の(被相続人以外の)子、これは被相続人から見たら兄弟姉妹になりますが、その者が代襲相続人になるわけではありません(第三順位の相続人となります。)。

souzoku_table

※半血兄弟とは,被相続人と父母の一方のみが同じ兄弟のことを指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相続問題についての法律相談を受け付けております。

相続問題について、弁護士に相談したいという方は法律事務所ホームワンへご相談ください。初回の相談は無料です。

法律事務所ホームワン 相続専門サイト

SNSでもご購読できます。